So-net無料ブログ作成
資格など ブログトップ

食品保健指導士 [資格など]

これも家内が持っている資格です(ホント資格マニア?勉強家ですね

「食育」が叫ばれる今の時代に必要な人材に対する資格です。

あまり聞きなれないので、多少説明を入れておきます。

正しい健康食品の表示の見方、活用の仕方、お薬との違いなどの相談・講演も致しますので、お気軽に連絡ください。(お薬は薬剤師として説明いたします)

では資格の内容を説明しておきます。

財団法人 日本健康・栄養食品協会が認定・登録した保健・栄養・食品知識の専門アドバイザリー・スタッフです。

期待されている役割は健康に保持・増進の為に「① 消費者に対して「健康食品」や「保健機能食品」についての正確な情報提供による知識の普及や正しい利用方法などに関する相談・指導」「② 企業に対して関連法規の把握や遵守、必要表示事項の徹底などについて指導し適正化を図る。」

財団法人 日本健康・栄養食品協会とは
厚生労働大臣によって許可された公益法人です。

 


ケアマネ [資格など]

これも家内が持っている資格です。必要と思い5年前以上に取得したのですが、活用する機会は多々あるのですが、今の仕事が忙しく残念ながら活かせていません。

当初の二人の夢の一つに、地域のお年寄りが憩う、漢方サロンがあったのですが、実現性が難しく今は後回しになっています。もう少し今の事業が拡大したら、また検討したいと思っています。

そんな所でケアマネの資格も活用できればと思っている次第です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

薬剤師 [資格など]

家内は医療関係に関する資格をもっています(勿論、実績もありますが

最近は漢方・生薬の認定薬剤師などの認定をもらったようです。

夫ながら、家内は経営に関する才があるように思います。一番大きな実績は、ある医療法人の長年の医薬品の卸に対する買い掛け・借財は何千万円あったのですが、コレをゼロにするばかりかプラスに転じさせたことです。

私もサラリーマン時代を含めココまでの実績は無いです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

IT関連の資格 [資格など]

取り合えず、ITIL資格認定をもっています。

世界標準(デファクトスタンダード)だそうです。1980年代、イギリス同政府はITへの投資に対して期待した効果が得られなかったことから、プロジェクトチームを結成してIT活用の先進事例を調査し、模範的な事例(ベストプラクティス)を収集、「ITを活用して業務の遂行を援助する」方法論として体系化した。これがITILである。

このように書いても一般の方は何を言っているのやら・・・という事ですよね。

何か役に立つの、その人に頼めば凄く儲けるシステムでも作ってくれるの?

まぁそんな事はないですね。経営的な視点で運用・開発に関してマネージできるかなぁという程度が一般的でしょうね。

SE・プログラマーと言っても今は各分野毎に細分化されています。それぞれに認定資格などがあります。非常に技術の進歩が早い世界でもありますね。

小さなネットワークシステムなど作る場合などは若いSEさんは実践経験も豊富なので、こちらが(経営側)が上手く要件を出せば、良いモノを作ってくれることはあるでしょうが・・・

システム全体を把握する能力が凄いのは、手作業が多かった汎用コンピュータを用い、大規模なシステムを開発していたリーダクラスの方に多いように思います。既に50歳近い、いや過ぎているのかも知れません。

今は、CRM、SCM・・・など様々な用語を用いながら、お客様に迫ってくる、IT業者が多いですが、本当に望む結果が得られるかは疑問です。多くは彼らの一人よがりだったり、上手くいかないのはお客様のレベルが低いから・・・という事で終わってしまいます。

SEそれぞれ得意・不得意があります。必要に応じて実績を伺うのが良いでしょうね。お客様の要件を上手く引き出し、文章化する能力が長けている方なら多少は安心ですが。

取り合えず、資格は怪しいものを持っていますよ・・・という事です。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
資格など ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。