So-net無料ブログ作成
検索選択

話すという事 [傾聴]

話すと言うことは、深く内面の世界に在る、自分を動かすエネルギーの表現の一つであり、とても大切なことだと思います。

深い内面の事は、意識できない無意識の部分も多くあります。
エネルギーは、外向き、内向き、停滞など様々な方向もあるし、その強さも時に強かったり、弱かったり、微妙に繊細です。
表現には、音楽絵画、などの芸術活動もあります。

人には自分の気持ちや考え、思いなどを表現したいという基本的な欲求があるように思います。
ありのままの内面の動きを、そのまま、表現し、そのまま共感をもって、受け止めてもらう(聞いてもらう)事は喜びや高揚感を感じ、もっと表現したいような思いにもなります。

これが自分をわかって欲しいという欲求が満たされている状態なのかも知れません。

語られることを、そのまま、共感をもって、受け止めてもらうような、そんな理想的な聞き手は、そう多くはありません。
見つけるのが難しいかもしれません。

自分の気持ちをありのまま表現し、よい聞き手に受け止めてもらえると、自分の内面をもっと探求し、そのエネルギーや、無意識の中に、雲にかかっていた、内なる声を聞こうという欲求が高まる事が多いと思います。

段々と自分のありのままの姿に触れてゆく過程に入るようです。

現実は、外の状況を見てしまい、それにあわせたような活動が多いので、そのようなことを体験することはとても少ないと思います。

傾聴を学ぶ機会を得て、色々な事に気付くようになりました。

一番は
内なる自分の声を聴く、ありのまま姿を見る。。。

次に自分もよい聞き手になる。。。
それが本当に深いところで人とつながる、絆を作っていくことにつながる一つだと感じています。[揺れるハート]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。